医院名:世田谷通り おおさわ眼科
住所:〒156-0054 世田谷区桜丘3-26-4 2階
TEL:03‐3429‐1010

まぶたの病気

ものもらい(麦粒腫)

霰粒腫はよく麦粒腫と混同されがちですが、別の病気です。地域によっては「めいぼ」や「めぼ」と呼ばれています。こちらは脂を分泌するするマイボーム腺がつまってしまい、まぶたの中に分泌物がたまりしこりのような塊ができる病気です。症状としては、まぶたの腫れ、異物感がありますが、基本的に痛みや赤みがでることはありませんが、細菌に感染している場合は痛みを伴います。

当院の治療

しこりが小さい場合は、時間がたつと自然に治まることもあります。細菌が感染して炎症を起こしている急性霰粒腫の場合は、抗生物質やステロイド剤を服用し消炎をはかります。しこりが大きい場合は切開してしこりを取り出します。切開も当院で対応しております。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

「ものもらい」は昔からよく知られた病気で、「めばちこ」と呼ぶ地方もあります。医学的な名称は、「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」で、まぶたの縁にあって脂を分泌するマイボーム腺やまつげの根元に細菌が感染し、炎症を起こしています。まぶたの赤い腫れ、軽いかゆみ、まばたきの際の痛みといった症状があります。原因となる細菌は主に皮膚や粘膜に常在している黄色ブドウ球菌などで、免疫力が落ちている時に感染します。悪化すると化膿してしまうこともあります。

当院の治療

抗生剤の点眼薬や軟膏、内服薬を使って治療します。数日で症状が改善し始め、1~2週間で治ります。症状がなくなっても、医師に指示された期間は必ず点眼や内服を続けてください。化膿して膿がたまっている場合には、切開して膿を出すこともあります。

眼瞼下垂

眼瞼下垂まぶたを持ち上げる筋肉である眼瞼挙筋が加齢などで弱くなって、まぶたがうまく上がらなくなっている状態です。普通の表情をしているつもりでも険しい顔に見えてしまったり、額に深いシワができやすく、頭痛や肩こりの原因になることもあります。加齢の他に、先天的な要因で起こることや、外傷・眼の手術などによって生じることもあります。またハードコンタクトレンズの装用を長年続けるとリスクが上がります。

当院の治療

基本的に手術でしか治すことはできません。上まぶたの皮膚を一部切開して行う手術と、まぶたを持ち上げる筋肉を短くする手術があり、状態などによって適した手術法を選択します。手術をご希望の場合には提携してる高度医療機関をご紹介しています。

眼瞼痙攣

意思に関係なく眼の周囲の筋肉が勝手にピクピク動いてしまう眼科疾患です。眼の周囲に症状が現れますが、実際には脳内からの指令がうまく伝わらなくなって眼の開閉の機能に障害が現れています。多くは両眼に起こりますが、表情筋を動かす顔面神経の痙攣などでは片眼のみに症状が現れるケースもあります。また唇にも痙攣が起こることもあります。50~70歳代の女性の発症が多い傾向があります。

当院の治療

ボトックス注射で神経の伝達を妨げ、筋肉を麻痺させて痙攣を抑える治療により改善できます。注射の効果が3ヶ月程度持続しますので、その後再び症状が現れるようでしたら再度の注射が必要です。ボトックスはこれまで、多汗症治療、深いシワを和らげる・エラの筋肉を細くするなど美容の治療にも長く使われてきています。ご希望の場合は、対応施設をご紹介いたします。

眼瞼内反(逆さまつげ)

眼瞼内反(逆さまつげ)主にまぶたの形の異常によって、まつげが内向きに生えて眼球に触れている状態です。眼球を傷付ける可能性があり、視力障害を起こすことがあります。一般的には「逆さまつげ」と呼ばれており、痛みや充血などの症状が現れます。乳幼児には、下瞼内側に起こる睫毛内反が起こることがあります。

当院の治療

まつげを抜くことでも一時的な解消は見込めます。ただし、毛根が残っていると再びまつげが逆向きに生えてきて症状を繰り返すことになりますので、根本的な治療には手術が必要です。乳幼児の睫毛内反は事前に治ることが多いのですが、7歳を超えても治らない場合には手術を検討します。手術をご希望になる場合には、提携している医療機関にご紹介しています。

電話番号03‐3429‐1010
一番上に戻る